メニューを開く 検索

うつ病に関わるメカニズムを発見

持続的ストレスにより血液脳関門機能が低下

2022年06月30日 17:00

795名の医師が参考になったと回答 

 うつ病は世界人口の約4%が罹患しているとされるストレス性精神疾患で、さまざまな心身の症状を呈する。国立精神・神経医療研究センター(NCNP)神経研究所研究員の松野仁美氏らの研究グループは、うつ病モデルマウスを用いた実験から、持続的なストレス下では血液と脳を隔てる血液脳関門(BBB)の機能が低下し、脳内炎症を引き起こす新たな機序を発見したとMol Psychiatry2022年5月26日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  うつ病に関わるメカニズムを発見