メニューを開く 検索

脊椎バランス評価で認知機能低下を検出

認知症スクリーニングに有用

2022年07月01日 17:15

763名の医師が参考になったと回答 

 軽度認知障害(MCI)は健康と認知症の中間の状態であり、高齢者の1~2割が該当すると推定される。放置すると認知症に移行してしまうが、早期発見・介入により正常な状態への回復が期待できるため、MCIのスクリーニングは認知症予防において重要である。信州大学病院リハビリテーション部作業療法士の西村輝氏、同大学運動機能学教室教授の髙橋淳氏らは、長野県小布施町と新生病院(同町)との共同疫学研究おぶせスタディの一環として、高齢者特有の姿勢変化と認知機能の関連を検討。その結果、脊椎矢状面バランス評価により、認知機能低下のスクリーニングが可能なことを明らかにしたとSci Rep2022 ; 12 : 8460)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  脊椎バランス評価で認知機能低下を検出