メニューを開く 検索
Oncology Tribune

新規抗PD-1抗体がdMMR直腸がんで著効

米・第Ⅱ相試験、全例で完全奏効を達成

2022年07月01日 05:00

622名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのAndrea Cercek氏らは、ミスマッチ修復欠損(dMMR)を有する局所進行性直腸がん患者を対象に、新規抗PD-1抗体dostarlimabをネオアジュバント療法として6カ月間投与する第Ⅱ相試験を実施。投与後6カ月の追跡を完了した12例全例が完全奏効(CR)を達成し、予定されていた化学放射線療法と手術を施行した症例はいなかったとN Engl J Med2022; 386: 2363-2376)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  新規抗PD-1抗体がdMMR直腸がんで著効