メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  サプリに心血管疾患・がんの初発予防の益なし

サプリに心血管疾患・がんの初発予防の益なし

米USPSTF・システマチックレビューとメタ解析

2022年07月03日 05:00

851名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米国における二大死因である心血管疾患およびがんの初発(一次)予防において、ビタミンやミネラルのサプリメント(以下、サプリ)の有用性が指摘されている。米・Kaiser Permanente Evidence-based Practice CenterのElizabeth A. O'Connor氏らは、これらのサプリ使用に関する米予防医学専門委員会(USPSTF)の勧告の改訂作業に際し、心血管疾患およびがんの初発予防としての有用性に関するシステマチックレビューとメタ解析を実施。これらのサプリ使用によるがん、心血管疾患、全死亡に対する利益はほぼ認められなかったとの結果を、JAMA2022年6月21日オンライン版)に報告した。(関連記事「心血管疾患・がん予防サプリ、また推奨せず」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  サプリに心血管疾患・がんの初発予防の益なし