メニューを開く 検索

歩行速度+記憶力の低下で認知症リスク25倍

2022年07月04日 17:15

579名の医師が参考になったと回答 

 歩行速度の低下は認知症リスクの上昇に関連することが複数の研究で示されている。オーストラリア・Monash UniversityのTaya A. Collyer氏らは、歩行速度の低下に加えて認知機能の低下が見られた場合の認知症リスクへの影響について、認知機能の領域別に検討。歩行速度と認知機能の両方が低下した群ではいずれも低下していない群と比べて認知症リスクが高く、歩行速度と記憶力が低下した群ではリスクが25倍だったとする解析結果をJAMA Netw Open2022;5:e2214647)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  歩行速度+記憶力の低下で認知症リスク25倍