メニューを開く 検索

CVDの家族歴で川崎病のリスク上昇

2022年07月04日 17:20

758名の医師が参考になったと回答 

 全身の炎症を伴う急性熱性疾患である川崎病は、先進国における小児の代表的な後天性心疾患として知られるが、発症原因はよく分かっていない。韓国・CHA University School of MedicineのMan Y. Han氏らの研究グループは、糖尿病や高血圧などの家族歴が川崎病の発症リスクに及ぼす影響を検証。心血管疾患(CVD)の家族歴が川崎病の発症リスク上昇と関連していたとJ Am Heart Assoc(2022年; 11: e023840)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  臨床医学 »  CVDの家族歴で川崎病のリスク上昇