メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  小児 »  「抗菌薬にはプロバイオティクス」は妥当

「抗菌薬にはプロバイオティクス」は妥当

下痢の発生率を35%低減

2022年07月04日 17:18

886名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 抗菌薬関連下痢症(AAD)に対するプロバイオティクスの予防効果の有無についてはまだ定まっていない。ポーランド・Medical University of WarsawのJan Łukasik氏らは、抗菌薬投与後24時間以内の小児を対象に、プロバイオティクスによるAAD予防効果を検討するプラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)Multispecies Probiotic in AAD Studyを実施。その結果、抗菌薬投与中から終了後7日間にわたり複数種のプロバイオティクスを併用してもAADに対する予防効果は認められなかったが、下痢の発生率はプラセボと比べて35%有意に低減したことをJAMA Pediatrics(2022年6月21日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  小児 »  「抗菌薬にはプロバイオティクス」は妥当