メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  電気的ストームへの抗頻拍ペーシングは有効

電気的ストームへの抗頻拍ペーシングは有効

Nippon Storm Studyのサブグループ解析

2022年07月07日 17:00

548名の医師が参考になったと回答 

 電気的ストーム(electrical storm;ES)は、短期間に心室性不整脈を繰り返し、24時間以内に複数回の植え込み型除細動器(ICD)による抗頻拍ペーシング(ATP)や除細動(ショック治療)が必要となる病態である。日本医科大学循環器内科学の林洋史氏らは、多施設共同前向き観察研究Nippon Storm Studyの登録患者のうち、ES症例を対象としたサブグループ解析を実施。ES治療においてATPが予後改善に寄与したとする結果を、第68回日本不整脈心電学会(6月8~11日)で発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  電気的ストームへの抗頻拍ペーシングは有効