メニューを開く 検索

FreeStyleリブレで糖尿病の抑うつ減少

2022年07月08日 17:04

1083名の医師が参考になったと回答 

 Flash Glucose Monitoring(FGM)とも呼ばれる間歇スキャン式持続グルコースモニター(isCGM)FreeStyleリブレの長期使用が、成人糖尿病患者のメンタルヘルスを改善する可能性が示された。オランダ・University of GroningenのJulia J. Bakker氏らは、糖尿病患者の日常生活に対するFreeStyleリブレの効果を検討した前向き観察研究FLARE-NLの参加者674例を対象に事後解析を実施。その結果、12カ月間の使用後に抑うつ性障害を有する患者の割合が有意に低下し、精神的健康度を示すスコアが有意に改善したとBMJ Open Diab Res Care2022; 10: e002769)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  FreeStyleリブレで糖尿病の抑うつ減少