メニューを開く 検索

日本人の低心機能心不全、予後改善か

CRTの適応拡大で

2022年07月11日 17:22

757名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 植え込み型除細動器(ICD)は、心室頻拍(VT)・心室細動(VF)による突然死の予防目的に使用されるが、日本では使用率が低く(54台/100万人)、上昇の兆しは見られない。筑波大学名誉教授/水戸済生会総合病院(水戸市)循環器内科最高技術顧問の青沼和隆氏は、ICDによる心臓突然死予防効果を検証するHINODE研究を実施。ICD/両室ペーシング機能付き植え込み型除細動器(CRT-D)の適応を現行の日本循環器学会(JCS)ガイドラインより拡大することで、多くの日本人心不全症例の予後が改善する可能性があると第68回日本不整脈心電学会(6月8~11日)で発表した。なお、研究の詳細はESC Heart Fail(2022; 9: 1584-1596)に掲載されている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  日本人の低心機能心不全、予後改善か