メニューを開く 検索

オランザピン、アルツハイマー病の認知機能を改善

2022年07月11日 17:36

1343名の医師が参考になったと回答 

 米・University of ColoradoのNoah R. Johnson氏らは、同国のNational Alzheimer's Coordinating Center(NACC)による臨床データセットを後ろ向きに解析し、遅発性アルツハイマー病(AD)患者における抗うつ薬イミプラミンおよび抗精神病薬オランザピンの有効性を検討。その結果、両薬の使用者では他の抗うつ薬または抗精神病薬の使用者と比べて認知機能が有意に改善し、特にアポリポ蛋白(apo)Eε4アレル(apoE4)保有者で有意な改善が見られたとAlzheimers Res Ther2022; 14: 88)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  オランザピン、アルツハイマー病の認知機能を改善