メニューを開く 検索

ICI治療に伴う皮膚障害、効果との関連は?

2022年07月12日 17:02

682名の医師が参考になったと回答 

 免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の登場によりがん治療は大きく進歩したが、頻度は低いもののICI投与例では従来の抗がん薬とは異なる免疫関連有害事象(immune related adverse event;irAE)が出現することが知られている。呼吸器、消化器など多臓器に生じ、皮膚障害も報告されている。福島県立医科大学皮膚科学講座の入江絹子氏は、ICIによる皮膚障害(皮膚irAE)の種類、重症度、治療効果の予測因子などについて検討し、第121回日本皮膚科学会(6月2~5日)で結果を報告した。ICI治療に伴う白斑や皮脂欠乏性湿疹といった皮膚irAEの出現例は病勢制御(完全奏効+部分奏効+安定)群で有意に多かった。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  ICI治療に伴う皮膚障害、効果との関連は?