メニューを開く 検索

CDK8阻害薬が骨粗鬆症の治療薬候補に

間葉系幹細胞を標的

2022年07月12日 17:00

381名の医師が参考になったと回答 

 超高齢社会を迎えた日本では、骨粗鬆症の推定患者数が1,300万人と人口の1割を超え、予防・治療法の確立が喫緊の課題となっている。岐阜薬科大学薬理学研究室の山田孝紀氏、深澤和也氏らの共同研究グループは、RNA解析およびマウス実験から、サイクリン依存性キナーゼ(CDK)8阻害薬が間葉系幹細胞(MSC)を標的とする骨粗鬆症の新規治療薬となる可能性を見いだしたとStem Cell Reports2022年7月1日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  高齢者 »  CDK8阻害薬が骨粗鬆症の治療薬候補に