メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  耳鼻咽喉 »  コロナによる嗅覚障害、臨床像と治療法示す

コロナによる嗅覚障害、臨床像と治療法示す

発症機序や発症部位なども解説

2022年07月12日 17:42

1381名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の特徴的な臨床所見の1つとして挙げられる嗅覚障害は、臨床像や発症機序、治療法について十分に解明されていない。東京大学病院摂食嚥下センターセンター長の上羽瑠美氏は、第123回日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会(5月25~28日)で自施設の研究結果などを基に、これらに関する知見などを紹介。COVID-19発症後の時間経過に応じた嗅覚障害の治療法を提案した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  耳鼻咽喉 »  コロナによる嗅覚障害、臨床像と治療法示す