メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  術後心房細動で心不全による入院リスク上昇

術後心房細動で心不全による入院リスク上昇

2022年07月13日 05:00

555名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 術後心房細動(POAF)で心不全による入院リスクが高まることが示された。米・Weill Cornell MedicineのParag Goyal氏らは、心臓/非心臓手術を受けた300万超例を対象にPOAFと心不全による入院との関係を検討した結果をEur Heart J2022年6月28日オンライン版)に報告。「POAFは、無症候性心不全患者および心不全リスクが高い患者を特定するマーカーとなりうることが示唆された」と指摘した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  術後心房細動で心不全による入院リスク上昇