メニューを開く 検索

DPP-4阻害薬で胆囊・胆道疾患リスク上昇

RCTのシステマチックレビューとメタ解析

2022年07月14日 17:10

803名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 中国科学院/北京協和医学院のLiyun He氏らは、ランダム化比較試験(RCT)82件10万例超のシステマチックレビューおよびメタ解析により、DPP-4阻害薬と胆囊・胆道疾患リスクの関連を検討。DPP-4阻害薬はプラセボまたは非インクレチン薬と比べて胆囊・胆道疾患の複合リスク、胆囊炎のリスク上昇と有意に関連していた。またRCT 184件のネットワークメタ解析では、DPP-4阻害薬は、SGLT2阻害薬に比べて胆囊・胆道疾患の複合リスク、胆囊炎のリスクを上昇させた。詳細はBMJ2022; 377: e068882)に掲載された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  DPP-4阻害薬で胆囊・胆道疾患リスク上昇