メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  呼吸器 »  咽喉頭異常感症に漢方薬、7割以上で有効

咽喉頭異常感症に漢方薬、7割以上で有効

2022年07月15日 17:10

1586名の医師が参考になったと回答 

 喉の異物感や圧迫感など喉の症状が現れる咽喉頭異常感症の発症には、胃食道逆流症(GERD)、咽喉頭逆流症(LPRD)、咽頭アレルギー、乾燥、精神的要因などが関与する。福井大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学の呉明美氏は、咽喉頭異常感症に対する漢方治療の有効性を検討し、第72回日本東洋医学会(5月27~29日)で結果を報告。咽喉頭異常感症の治療に頻用される半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)の有効率は55%で、同薬が無効で他の漢方薬を切り替えた例を含めると、有効率は全体の75%で得られたと発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  呼吸器 »  咽喉頭異常感症に漢方薬、7割以上で有効