メニューを開く 検索

自己免疫が特発性肺動脈性高血圧に関連

英・大規模コホート調査

2022年07月15日 17:08

1082名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 難治性呼吸器疾患である特発性肺動脈性肺高血圧症(IPAH)は自己免疫が重要な役割を担うとされるが、因果関係や予後・治療における意義は不明だ。英・Heart and Lung Research InstituteのRowena J. Jones氏らは、大規模横断コホートを用いて、免疫表現型解析や自己抗体濃度に基づくクラスター分析など複数の方法により両者の関係性を検討。IPAH患者では免疫表現型の異常、免疫グロブリン(Ig)G3およびインターロイキン(IL)-21濃度の上昇に加え、自己抗体濃度の上昇が見られ、疾患と強く関連していることが示されたとAm J Respir Crit Care Med(2022; 206: 81-93)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  呼吸器 »  自己免疫が特発性肺動脈性高血圧に関連