メニューを開く 検索

男性ホルモン低下で腸内細菌叢の多様性損失

腸内細菌叢の変化がADTによる副作用に関与

2022年07月21日 05:00

683名の医師が参考になったと回答 

 前立腺がんは男性が罹患するがんの中で最も多く、国内の新規患者数は年間8万例を超え、2040年までに世界で100万例超の新規患者が発生すると推定される。転移例や根治治療ができない例には、アンドロゲン遮断療法(ADT)が行われるが、しばしば副作用として肥満やフレイル、骨粗鬆症、うつ、認知症などが課題となる。順天堂大学大学院泌尿器外科学の呉彰眞氏らの共同研究グループは、前立腺がん患者へのADTによりテストステロン濃度が低下すると、これらの病態との関連が指摘される腸内細菌叢の多様性が損なわれることを明らかにしたとProstate Cancer Prostatic Dis2022年4月13日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  男性ホルモン低下で腸内細菌叢の多様性損失