メニューを開く 検索

複雑化するMRSA感染、今後も注視を

院内でも市中感染型MRSAが分離

2022年07月25日 05:00

665名の医師が参考になったと回答 

 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は1961年に英国で初めて報告され、日本ではその後1980年代ごろから増え始めた。今でも臨床現場で最も多く遭遇する耐性菌である。佐賀大学病院感染制御部副部長の濵田洋平氏は、MRSAの現状と問題点、治療の際の注意点などについて第96回日本感染症学会(4月22〜23日)で解説。「MRSA感染症は複雑化してきており、今後も注視が必要だ」と述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  複雑化するMRSA感染、今後も注視を