メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  MR拮抗薬が糖尿病合併CKDの心腎を保護

MR拮抗薬が糖尿病合併CKDの心腎を保護

2022年07月25日 17:35

938名の医師が参考になったと回答 

 心不全と腎機能障害が負のスパイラルを描く心腎連関。心臓と腎臓の双方に病的な状態を抱える2型糖尿病を合併する慢性腎臓病(CKD)例や糖尿病性腎症(DKD)例では両臓器を積極的に保護する治療が求められる。心腎保護効果をいち早く示したSGLT2阻害薬の衝撃は記憶に新しいが、最近注目を集めているのがミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬である。佐賀大学循環器内科主任教授の野出孝一氏は第65回日本腎臓学会(6月10~12日)で、心腎連関におけるMRの役割を解説、併せて2型糖尿病合併CKD例におけるMR拮抗薬による心腎保護の最近のエビデンスを紹介し、同薬の新たな臨床的役割に期待を示した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  MR拮抗薬が糖尿病合併CKDの心腎を保護