メニューを開く 検索

遠隔支援の在宅ケタミン療法でうつが改善

コロナ下の受診障壁を取り除く新たな手法

2022年07月25日 17:30

891名の医師が参考になったと回答 

 米・Institute for Psycholinguistics and Digital HealthのThomas D. Hull氏らは、うつ病または不安障害の患者1,247例を対象に、自宅でインターネットを活用した遠隔医療プラットホーム(www.mindbloom.com)を通じて支援とモニタリングを受けながらケタミン舌下錠(日本では適応外、舌下錠未承認)を服用する在宅ケタミン療法の有効性と安全性を検討。その結果、週1回4週間(計4セッション)の治療により6割の患者で不安・抑うつ症状スコアが50%以上改善したとJ Affect Disord2022; 314: 59-67)に発表した。同氏らは「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックなどに伴う治療アクセス障壁を安全に克服できる有用な方法」としている(関連記事『世界初、うつ病へのケタミンをAMPA-PETで検証』『ケタミンが治療抵抗性うつ病の有力な選択肢に』)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  遠隔支援の在宅ケタミン療法でうつが改善