メニューを開く 検索

RA系阻害薬、抗認知機能作用示されず

米・SPRINT試験の二次解析

2022年07月25日 17:36

937名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米国の50歳以上の高血圧患者を対象に、厳格な降圧による心血管疾患抑制効果を検討したSPRINT試験。米・University of PennsylvaniaのJordana B. Cohen氏らは、同試験の二次解析としてアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)またはACE阻害薬を新規に投与した例における軽度認知障害(MCI)およびprobableアルツハイマー病(AD)との関連を検討。いずれの降圧薬も抑制効果が認められなかったとの結果を、JAMA Netw Open(2022; 5: e2220680)に報告した。ただし、降圧目標を厳格群でなく標準群に割り付けられた例では、いずれも有意な抑制効果が示された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  RA系阻害薬、抗認知機能作用示されず