メニューを開く 検索

Y染色体の欠失が心不全に関与

血液細胞のY染色体欠失と心血管疾患発症の因果関係を検討

2022年07月26日 16:29

763名の医師が参考になったと回答 

 一部の男性において、細胞からY染色体が失われる後天的Y染色体欠失(Loss of Y chromosome;mLOY)が確認されている。mLOYは加齢や喫煙によって増加することが知られているが、詳細なメカニズムは明らかでない。大阪公立大学循環器内科学講師の佐野宗一氏らは、mLOYが生じた血液細胞の働きにより、心組織の線維化が亢進することをScience2022;37: 292-297)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  Y染色体の欠失が心不全に関与