メニューを開く 検索

着床前診断PGT-M、「重篤性」は個別的に審査

日産婦、見解を改定

2022年07月26日 17:20

948名の医師が参考になったと回答 

 日本産科婦人科学会の「重篤な遺伝性疾患を対象とした着床前遺伝学検査(PGT-M)に対する見解」(以下、「改定版」)が今年(2022年)1月に改定され、4月には症例申請が開始された。これにより、従来は「重篤な遺伝性疾患」の定義に当てはまらず不承認とされていたケースにおいても、個別に審議が行われる体制が構築された。国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター医長の佐々木愛子氏は、改定の経緯と変更点について、第58回日本周産期・新生児医学会(7月10~12日)で解説した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  女性疾患・周産期 »  着床前診断PGT-M、「重篤性」は個別的に審査