メニューを開く 検索

ミオシン活性化薬、運動耐容能を改善せず

HFrEF患者対象、omecamtiv mecarbilの第Ⅲ相試験

2022年07月27日 05:00

606名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・Massachusetts General HospitalのGregory D. Lewis氏らは、左室駆出率(LVEF)の低下した慢性心不全(HFrEF)患者276例を対象に、標準治療への選択的心筋ミオシン活性化薬omecamtiv mecarbil上乗せの有効性を検討する第Ⅲ相二重盲検ランダム化比較試験METEORIC-HF*を実施。プラセボ群に対し、omecamtiv mecarbil群ではべて20週後の運動耐容能を有意に改善しなかったとの結果をJAMA2022 ; 328: 259-269)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  ミオシン活性化薬、運動耐容能を改善せず