メニューを開く 検索

過度な塩分制限が心不全の予後不良と関連

2022年07月28日 17:12

1339名の医師が参考になったと回答 

 心不全に関するガイドラインでは塩分摂取制限が推奨されているが、左室駆出率(LVEF)が保持された心不全(HFpEF)患者における最適な塩分制限範囲やその効果については明らかになっていない。中国・Sun Yat-sen University First Affiliated HospitalのJiayong Li氏らは、塩分制限とHFpEF患者の予後との関連を明らかにするため、TOPCAT(Treatment of Preserved Cardiac Function Heart Failure with an Aldosterone Antagonist)試験からHFpEF患者1,713例のデータを用いて二次解析を行った。その結果、HFpEF患者における過度の塩分摂取制限は予後不良と関連していることを、Heart2022年7月20日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  過度な塩分制限が心不全の予後不良と関連