メニューを開く 検索

麻酔科医の同時管理手術が多いほど予後不良

2022年07月28日 17:07

1181名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 外科医や看護師の人員配置が手術後の患者転帰に与える影響についての検討が進められているが、麻酔科医の人員配置率と術後転帰との関連については不明点が多い。米・University of MichiganのMichael L. Burns氏らは、米国の57万件超の手術について後ろ向きコホート研究を実施。麻酔科医が同時に麻酔管理を行う手術の件数が多いほど術後合併症・死亡が増加したとJAMA Surg2020年7月20日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  麻酔科 »  麻酔科医の同時管理手術が多いほど予後不良