メニューを開く 検索

受精胚のゲノム編集、臨床応用に賛否

一般市民、患者関係者、医療従事者3,500人対象の横断的調査

2022年07月28日 16:54

932名の医師が参考になったと回答 

 近年、遺伝子領域における技術革新は目覚ましく、ゲノム編集技術が多くの分野で利用されている。しかし臨床応用に際しては科学的、倫理的、社会的な課題が残されており、国内では専門委員会で臨床応用の法整備議論が進められている。これまで、ゲノム編集技術に関する意識調査は限られた集団でしか行われていなかったため、国立成育医療研究センター社会医学研究部の小林しのぶ氏らの研究グループは、より広く国民の意識を把握すべく、一般市民、患者関係者、医療従事者を対象にオンライン調査を実施。認知度や臨床応用に対する意識が異なる傾向が示されたとの結果をJ Hum Genet2022年5月9日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  その他診療領域 »  受精胚のゲノム編集、臨床応用に賛否