メニューを開く 検索

インスリン投与量ががん発生に関連?

2022年07月29日 17:45

1197名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 1型糖尿病患者は、一般集団と比べて特定のがん(胃がん、肝がん、膵がん、腎がん)の発生率が高いと報告されているがDiabetologia 2016; 59: 980-988)、がん危険因子に関する検討は少ない。米・Merck Research LabsのWenjun Zhong氏、米・Ohio UniversityのYuanjie Mao氏は、インスリン投与量ががん発生率と関連する可能性があるとJAMA Oncology (2022年7月28日オンライン版)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  インスリン投与量ががん発生に関連?