メニューを開く 検索

2022~23年はインフルエンザ流行の可能性

日本感染症学会が提言

2022年07月29日 17:55

1530名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミックが現在、第七波と称される状態にある一方で、国内でCOVID-19の流行が始まった2020年2月以降、インフルエンザウイルス感染者の報告数は急速に減少している。しかし日本感染症学会インフルエンザ委員会は7月26日、2022~23年シーズン(今シーズン)におけるインフルエンザ対策に関する提言を発表し、2021年後半~22年前半にかけて北半球における多数の国でインフルエンザの小ないし中規模の流行が確認されていることに言及。今秋から今冬にかけて、日本でも同様の流行が起こる可能性があるため、インフルエンザワクチンの接種やCOVID-19とインフルエンザの鑑別が重要になると訴えている(関連記事「今冬のインフルエンザ動向を「超」早読み)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  2022~23年はインフルエンザ流行の可能性