メニューを開く 検索

統合失調症にrTMSなどの脳刺激法が有効

RCT 48件のネットワークメタ解析

2022年08月02日 17:28

954名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)療法は、日本では2019年に中等症以上の薬物抵抗性うつ病を適応症として承認されたが、大脳皮質の神経軸索を規則的に刺激するという機序から、うつ病以外の精神疾患や疼痛、禁煙継続などへの有効性も期待されている。台湾・Asia UniversityのPing-Tao Tseng氏らはrTMS療法を含む非侵襲的脳刺激(NIBS)療法について、統合失調症の陰性症状に対する有効性と忍容性をネットワークメタ解析で検証。「NIBS療法と陰性症状の大幅な改善に有意な関係が認められた」とJAMA Psychiatry2022年6月22日オンライン版)に報告した(関連記事:「禁煙継続に有効、rTMSなどの脳刺激療法」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  統合失調症にrTMSなどの脳刺激法が有効