メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  飛沫対策とエアロゾル対策は本質的に違う

飛沫対策とエアロゾル対策は本質的に違う

COVID-19対策における適切な「換気」

2022年08月02日 17:40

1810名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、従来にはなかった第四の感染経路「エアロゾル感染」の存在が強く示唆された。このためCOVID-19対策においては、飛沫対策とともにエアロゾル対策が必要だが、両者の違いについては必ずしも正しく理解されていない。順天堂大学大学院感染制御科学教授の堀賢氏は、第37回日本環境感染学会(6月16~18日)でCOVID-19対策における適切な換気について解説。飛沫対策とエアロゾル対策の本質的な違いへの正しい理解を求めた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  飛沫対策とエアロゾル対策は本質的に違う