メニューを開く 検索

静脈奇形に対する硬化療法の実態を調査

2022年08月03日 16:42

1043名の医師が参考になったと回答 

 日本における静脈奇形(venous malformation;VM)の患者数は約2万人と推定されており、疼痛、出血、整容面での障害などの症状を呈し、浸潤型や大きな病変に対しては切除に伴う出血および機能障害を回避する目的で経皮的硬化療法が選択肢となる。第42回日本静脈学会(7月7〜8日)で同学会静脈疾患サーベイ委員会委員/神戸大学大学院形成外科学准教授の野村正氏は、同委員会が実施した硬化療法の実態調査について報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  静脈奇形に対する硬化療法の実態を調査