メニューを開く 検索

週2.5~10時間の運動で死亡リスク3割減

米国11万人超を30年追跡

2022年08月03日 05:00

1139名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 週に150〜600分(2.5~10時間)の運動により、全死亡リスクが3割低下することが分かった。米・Harvard T.H. Chan School of Public HealthのDong H. Lee氏らは、同国の二大前向きコホート研究に登録された11万人超を30年以上追跡し、余暇時間の身体活動と死亡リスクの関係を解析した結果をCirculation2022年7月25日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  週2.5~10時間の運動で死亡リスク3割減