メニューを開く 検索

アルツハイマー病の研究論文に改竄の痕跡

Scienceが調査報道記事を公表

2022年08月03日 16:52

1319名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 アルツハイマー病研究の端緒は、1906年のAloysius Alzheimerによる認知症患者の脳組織における蛋白質プラーク沈着の報告である。その100年後に当たる2006年にNatureに掲載されたアルツハイマー病の論文に不正の可能性があることが、米・Vanderbilt UniversityのMatthew Schrag氏により指摘された。その検証を託されたScienceは調査を開始。6カ月の調査を経て疑惑を支持する結果を得たことから、詳細を2022年7月22日の誌面(Science 2022; 377: 358-363)で報じた。疑義はこれにとどまらず、同じ研究者による他の複数の論文でも認められ、調査は現在も継続されている。なお、こうした事態を受け、Natureは当該論文に7月14日付で一部の図に関して調査中との注記を加えている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  アルツハイマー病の研究論文に改竄の痕跡