メニューを開く 検索

流産リスクが最も高いのは真夏か

2月下旬と比べ8月下旬では44%上昇、米・カナダ研究

2022年08月04日 17:25

961名の医師が参考になったと回答 

 米・Boston University School of Public HealthのAmelia Wesselink氏らは、自然流産の季節性の変化について検討するため、米国およびカナダの妊娠を計画している女性を追跡したコホート研究Pregnancy Study Onlineの参加者6,104例のデータを解析。妊娠8週までの流産リスクが最も高いのは8月下旬で、2月下旬と比べて44%のリスク上昇が認められたとする結果をEpidemiology(2022; 33: 441-448)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  女性疾患・周産期 »  流産リスクが最も高いのは真夏か