メニューを開く 検索

糖尿病性骨粗鬆症にビスホスホネートが有用

2022年08月04日 17:29

1081名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 糖尿病患者は非糖尿病患者に比べ骨折しやすいことが報告されている。骨吸収を阻害するビスホスホネート(BP)製剤は骨粗鬆症の第一選択薬の1つとされるが、糖尿病性骨粗鬆症における骨細胞増殖および骨形成に対する分子メカニズムはいまだ不明である。そこで、中国・Tongji UniversityのBeifang Weng氏らは、糖尿病性骨粗鬆症患者60例を対象にBP製剤の有効性を検討。その結果、糖尿病性骨粗鬆症においてBP製剤は治療効果が高く、骨細胞増殖および骨形成を改善することをComput Math Methods Med2022;2022:2368564)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病性骨粗鬆症にビスホスホネートが有用