メニューを開く 検索

嗅覚低下がアルツハイマー病の予測因子に

2022年08月04日 16:30

915名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 嗅覚の急速な低下がアルツハイマー病発症の予測因子になる可能性が示唆された。米・University of ChicagoのRachel R. Pacyna氏らは、高齢者を追跡し、嗅覚の低下と認知機能、局所灰白質体積(GMV)の関係を検討した結果を、Alzheimers Dement2022年7月28日オンライン版)に発表。嗅覚の低下が速い者で軽度認知障害(MCI)やアルツハイマー病を発症するリスクが有意に高く、GMVの有意な減少が見られたと報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  嗅覚低下がアルツハイマー病の予測因子に