メニューを開く 検索

感染症薬・ワクチン開発に国内7学会が提言

プル型インセンティブなど制度的対応求める

2022年08月04日 13:05

679名の医師が参考になったと回答 

 2020年以降、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威を振るい、約2年半で5億7,000万人超が感染、約640万人の死亡が報告されている。流行の早期収束に向けて、世界初のmRNAワクチンや新規治療薬の開発が欧米の主導で進められている。一方、国内における治療薬・ワクチンの開発は限定的で困難な状況にある。こうした現況を踏まえ、日本感染症学会、日本環境感染学会、日本化学療法学会、日本臨床微生物学会など7学会合同感染症治療・創薬促進検討委員会は8月2日、パンデミックやサイレントパンデミックと称される薬剤耐性(AMR)への対策・対応を視野に入れた治療薬、ワクチン、検査法の研究開発継続のための提言を厚生労働省、経済産業省、財務省宛に提出したと発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  感染症薬・ワクチン開発に国内7学会が提言