メニューを開く 検索

サル痘、従来と異なる臨床的特徴も

2022年08月04日 17:33

1350名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 欧米を中心にサル痘ウイルスの感染拡大が止まらない。7月末時点で米国の感染者数はスペインを抜いて世界最多となり、スペイン、ブラジルでは死亡者が出ている。英・Guy's and St Thomas' NHS Foundation TrustのAatish Patel氏らは、ロンドンの重大感染症(HCID)センターで最初に確認されたサル痘患者197例のデータを集積し、特徴を検討した結果をBMJ2022; 378: e072410)に報告した。ほぼ全例が男性間性交渉者(MSM)であることに加え、直腸痛や陰茎浮腫、孤立性の皮膚病変、扁桃浮腫、皮膚病変が全身症状に先行する症例など、これまでサル痘ウイルス感染の典型とされていなかった新たな臨床的特徴が確認された。これらの特徴は、今回の世界的流行における他の症例集積研究の結果(関連記事『国内でも確認のサル痘、世界528例の臨床的特徴』)とも部分的に一致している。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  臨床医学 »  サル痘、従来と異なる臨床的特徴も