メニューを開く 検索

エフガルチギモド長期投与は有効で安全

全身型重症筋無力症の新規治療薬

2022年08月05日 05:00

748名の医師が参考になったと回答 

 エフガルチギモドは今年(2022年)1月に日本で承認された全身型重症筋無力症(gMG)の新しい治療薬である。国際共同第Ⅲ相試験ADAPTで有効性と安全性が示されており、今回ADAPT+試験で長期投与について評価した。東京医科大学神経学分野教授の増田眞之氏は、第63回日本神経学会(5月18~21日)でADAPT+試験の結果を発表し、「エフガルチギモドの長期投与における有効性・安全性・忍容性が確認され、日本人でも同様の結果であった」と報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  エフガルチギモド長期投与は有効で安全