メニューを開く 検索

東大病院長が考える若手のための病院経営

「医は仁術」をかなえるため「医は算術」も

2022年08月05日 05:10

1140名の医師が参考になったと回答 

 近年、医療機関を取り巻く環境は厳しさを増し、若手医師が将来を展望しづらくなっている。東京大学病院の病院長として4年目を迎える瀬戸泰之氏は第77回日本消化器外科学会(7月20~22日)で、若手医師が将来の夢を描ける理想的な病院経営について講演。「仁術(よい治療)を施すためには、算術(よい収入)も必要」と述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  東大病院長が考える若手のための病院経営