メニューを開く 検索

柴葛解肌湯、コロナの症状悪化を抑制

2022年08月05日 05:05

1002名の医師が参考になったと回答 

 インフルエンザなどウイルス感染症に対する有効性が報告されている漢方薬の柴葛解肌湯〔さいかつげきとう:葛根湯(かっこんとう)と小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう)の併用〕。秋田大学救急・集中治療医学講座の入江康仁氏は、軽症~中等症Ⅰの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者に対し柴葛解肌湯の有効性を検討した結果を、第72回日本東洋医学会(5月27~29日)で報告。「発症初期段階に投与することで症状悪化を抑えることが示唆された。COVID-19治療で柴葛解肌湯が担う役割は大きい」と述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  柴葛解肌湯、コロナの症状悪化を抑制