メニューを開く 検索

減量手術で物質使用障害と自傷リスク8割増

糖尿病に対しては生活習慣改善より大きな効果

2022年08月05日 17:18

1248名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 スウェーデン・Örebro UniversityのErik Stenberg氏らは、1度肥満(BMI 30~35未満)の患者に対するスリーブ状胃切除術の有効性と安全性を全国レベルのマッチドコホート研究で検証した。その結果、集中的な生活習慣改善療法と比べて体重減少、糖尿病の新規発症予防および寛解達成の効果が大きかった一方、物質使用障害および自傷のリスクが8割以上高かったとJAMA Netw Open2022; 5: e2223927)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  減量手術で物質使用障害と自傷リスク8割増