メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  夏に注意!プラークびらん患者の特徴とは?

夏に注意!プラークびらん患者の特徴とは?

2022年08月12日 17:20

1268名の医師が参考になったと回答 

 近年、光干渉断層法(OCT)をはじめとする血管内イメージング技術の進歩により、日常臨床において急性冠症候群(ACS)の病変が詳細に観察できるようになった。これにより従来は困難だったプラークびらんの診断が可能となり、注目が高まっている。北里大学循環器内科学講座の南尚賢氏は、夏季に多発するプラークびらん患者の臨床的特徴について第54回日本動脈硬化学会(7月23日~24日)で解説。ACS患者への個別化医療の可能性についても展望した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  夏に注意!プラークびらん患者の特徴とは?