メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  アトピーに有望な新規抗体薬の開発が活況

アトピーに有望な新規抗体薬の開発が活況

2022年08月12日 17:10

1111名の医師が参考になったと回答 

 アトピー性皮膚炎(AD)の薬物治療は、この数年で新規作用機序を有する外用薬や抗体製剤が発売され、転換期を迎えている。中でも、2018年に登場した抗インターロイキン(IL)-4/13受容体抗体デュピルマブは大きなインパクトをもたらした。炎症の中心的な役割を担う炎症性サイトカインを標的とした分子標的薬で、中等症・重症AD患者の皮膚の炎症や痒みの大幅な改善が得られている。ADの病態解明が進むにしたがい、同薬に続く抗体医薬の開発が行われており、さらなる治療選択肢の拡大が期待される。九州大学医学科皮膚科学分野教授の中原剛士氏は、第121回日本皮膚科学会(6月2~5日)で、ADに対する抗体医薬の開発状況や注目の新薬候補品について解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  アトピーに有望な新規抗体薬の開発が活況