メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  MAFLDは慢性腎臓病の独立した危険因子

MAFLDは慢性腎臓病の独立した危険因子

2022年08月18日 15:18

738名の医師が参考になったと回答 

 日本では食生活の欧米化などによる肥満の増加に伴い、脂肪肝の有病率が上昇している。2020年には肥満や糖尿病などの代謝異常が関わる新たな脂肪肝の疾患概念として代謝異常関連脂肪肝疾患(metabolic dysfunction-associated fatty liver disease;MAFLD)が提唱された。MAFLDの予後や合併症などの解明が急がれる中、札幌医科大学循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座の田中希尚氏、同講座講師の古橋眞人氏らの研究グループは、慢性腎臓病(CKD)とMAFLDとの関連について検討。MAFLDがCKD発症の独立した危険因子であること、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)より高精度にCKD発症を予測する指標になりうることを、第65回日本腎臓学会(6月10~12日)で報告した。研究結果の詳細は、Nephrol Dial Transplant2022年5月24日オンライン版)に発表された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  MAFLDは慢性腎臓病の独立した危険因子