メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »   »  黄砂の接着性が低いコンタクトレンズは?

黄砂の接着性が低いコンタクトレンズは?

2022年08月23日 17:10

814名の医師が参考になったと回答 

 黄砂は中国大陸内陸部のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠などの砂塵が上空の風で運ばれ、日本に降下してくる現象で、その過程で大気汚染物質を吸着することから健康に悪影響を及ぼす汚染物質として知られる。帝京大学眼科学講座准教授の三村達哉氏は、ソフトコンタクトレンズ(SCL)の種類別に黄砂接着性を検証。1日使い捨てタイプのSCL(1DSCL)であるVerofilcon Aでは、対照レンズと比べ、洗浄後の残留付着黄砂が少なかったことを確認、フォーサム2022せとうち(7月8~10日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2022年 »   »  黄砂の接着性が低いコンタクトレンズは?