メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  呼吸器 »  新抗生物質イヴィバクチンで結核菌を死滅

新抗生物質イヴィバクチンで結核菌を死滅

線虫共生細菌Photorhabdusから発見

2022年08月26日 05:00

1031名の医師が参考になったと回答 

 結核はかつて国民病と言われ多くの死者を出したが、結核治療薬としてストレプトマイシンをはじめ複数の抗生物質が開発されたことによって、急速に勢いを失った。しかし、現在でも発展途上国では大きな脅威となっており、日本でも都市部において集団感染事例は後を絶たない。また、多剤耐性結核が一部の国で拡大し、問題となっている。信州大学先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所の今井優氏は、結核菌Mycobacterium tuberculosisを選択的に死滅させる抗生物質を線虫共生細菌Photorhabdusから発見したことをNat Chem Biol(2022年8月22日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  呼吸器 »  新抗生物質イヴィバクチンで結核菌を死滅